本文へ移動

岩手県身体障害者相談員連絡協議会

第25回東北・北海道ブロック身体障害者相談員研修会が開催されました

身体障害者相談員とは?

 身体障害者相談員は、主に市町村から委託され、地域で身体に障がいのある人の相談などに応じています。
 身体障がい者の生活上の相談や必要な制度を活用できるよう援助するなど、関係機関とも協力し、社会参加の推進につなげるよう取り組んでいます。
 また、原則として身体障害者相談員は、身体に障がいのある方が委託されますので、相談する人も対等の立場で悩みや不安を話すことができます。
 
 岩手県身体障害者相談員連絡協議会は、岩手県内の身体障害者相談員の相互の連絡を緊密にし、情報交換及び研修会等を開催し相談活動の振興発展に資することを目的に、平成12年に設立されております。

☆第25回東北・北海道ブロック身体障害者相談員研修会が開催されました

 平成30年度 第25回東北・北海道ブロック身体障害者相談員研修会が、11月15日(木)秋田市(秋田ビューホテル)にて開催されました。
 基調講演1では、内閣官房東京オリンピック・パラリンピック推進本部事務局参事官 岩川 勝氏を招いての講演でした。
   演題:「ユニバーサルデザイン2020行動計画がめざす共生社会の実現と障害者団体の役割」
 2020年東京大会は、共生社会の実現に向けて、人々の心の在り方を変える絶好の機会であること。大会が主に開かれる東京だけではなく、地方もホストタウン等により積極的に取り組み全国のレガシーとしたいと話されました。
 基調講演2の講師は、日本身体障害者団体連合会会長の阿部 一彦氏でした。
   演題:「障害者福祉の現状と課題について」
 一人ひとりが不便なこと、困っていることを周りに伝えることによって、社会環境を変え、必要な配慮が当たり前に行われる共生社会になるとのお話でした。
 来年は、福島県二本松市で開催されます。 
社会福祉法人
岩手県身体障害者福祉協会
〒020-0831
岩手県盛岡市三本柳8-1-3 
ふれあいランド岩手内
TEL.019-637-7636
FAX.019-637-7626

 
TOPへ戻る